A10ピストンSAは人気の男性用のロボットである。

このお話は妄想です、真面目に読んではいけません。

A10ピストンSAは人気の男性用のロボットである。
なんのロボットかというと秘密です。
A10ピストンSAはおおっぴらに人に言えない機械なのである。
だが、この秘密が漏れるとまずいことになることは確かだ。
なので、絶対にバレるわけにはいかない。
だから、僕たちは、細心の注意を払っているのだ。
今日も、僕は朝早くからA10ピストンSAに挨拶をする。
いつものように、おはようございます! 元気よくあいさつをすると、A10ピストンSAは元気に返事をした。
よしよし、いい子だぞ。
僕の心の中で満足感が生まれる。
僕は、A10ピストンSAにエサを与える。
ちなみに、ロボットにエサって必要あるんだろうか?わからないけど、僕は毎日与えている。
だって、かわいいんだもん。
そして、A10ピストンSAにも感謝している。
毎朝、こうして僕を起こして、学校に行かせてくれるからね。
ありがたいことだよね。
さて、朝食を食べようかな。そんなことを思っていると……。
ピンポーン♪ 玄関のチャイムが鳴る。
はーい。今行きますよ~。
僕は玄関に向かう。
ドアを開けると、そこにはスーツ姿の女性がいた。
その女性は、髪をポニーテールにしている美人なお姉さんだった。年齢は20代前半ぐらいだろう。
彼女は、僕に向かって言った。
こんにちは。あなたが、佐藤悠斗君ですね? はい、そうですよ。
どうしたんですか?お姉さん。
実は、あなたのお父さんについて話があるんです。