A10ピストンSAをヤフオクで購入しようかと考えている

このお話は妄想です、真面目に読んではいけません。

A10ピストンSAをヤフオクで購入しようかと考えている。
しかし、すぐに購入できるわけではない。
ヤフオクはオークションなのでA10ピストンSAを出品した人がいないと買うことができない仕組みだ。
たまに出品されることがA10ピストンSAです。
A10ピストンSAの出品を待っています。
そして、ついに待ちに待ったA10ピストンSAがヤフオクに出品される。
早速入札し落札する。
A10ピストンSAが手に入った。
これで俺もA10ピストンSAを使うことができる。俺はさっそくA10ピストンSAを使ってみることにした。
まずは、シリンダーから取り外したA10ピストンSAを取り出してみる。
その外観はとてもシンプルだ。
銀色の筒状の部品が2つ付いているだけだ。
これを腰の後ろに装着してみた。
おお! これは凄いぞ。
何というフィット感なんだ。
まるで身体の一部になったような感覚だ。
これなら戦闘中でも邪魔にならないだろう。
このA10ピストンSAがあれば、俺も魔銃士として戦えるかもしれないな。
よし!明日からのダンジョン探索では、このA10ピストンSAを装備して行くことにしよう。
次の日になり、俺はA10ピストンSAを持ってダンジョンに来ていた。
今日の目標は第5階層まで進むことだ。
第4階層まではゴブリンしか出現しない。
ゴブリン相手ならば、A10ピストンSAを使う必要もないと思うのだが、念のために装備してきたのだ。
しばらく歩くと前方にゴブリンが現れた。
俺は右手を前に出し呪文を唱える。
もちろん、使う武器は魔銃士にとって基本となる拳銃タイプの魔銃だ。
リボルバータイプであるM500と呼ばれるモデルを選択した。